正常な人間の細胞は、必要な増殖調節を受け、体の各部分でそれぞれの働きを持って活動し、代謝機能によっていつも最適な状態に保たれています。
細胞は常に生と死があり、新しい細胞が生まれると同時に老化して死んでいく細胞もあります。
そのバランスがうまく機能して人間は生きているのです。
しかし、その細胞がある理由で、生体としての制御ができなくなり、無秩序に異常増殖してしまうのが腫瘍細胞です。

スポンサードリンク

がん治療 まずは検診

腫瘍細胞には良性のものと悪性のものがあります。
良性腫瘍は比較的増殖の速さが遅く、臓器や生命に大きな影響を及ぼしません。

悪性腫瘍と呼べれるのが一般に「がん」であり、周囲の組織に侵入したり(浸潤)血管やリンパ管を通って体中に広がる性質があります。

この悪性腫瘍は増殖と転移を繰り返し延々と広がっていくのです。
やがて正常な細胞の栄養分を奪い、体に変調をきたします。これが自覚症状です。

がんは、臓器を破壊し、臓器が生命維持に必要な機能を果たせなくするなど、、生命に大きな影響を与えるのです。
がんは、筋肉・骨・神経などにできる「肉腫」と、皮膚・粘膜などの上皮性組織にできる「がん腫」に分けられます。

がん治療において重要なのは、その発生がどこであろうと、早期発見と早期治療です。
そのためにも、定期的な検診が必要なのです。

近年、医療の進歩によって、早期ならば「がんは治る」病気となってきています。
日本でのがん検診は受診率が低く、受診していれば助かった命も多くあるといいます。

検診を受け、早期に発見することが、がん治療の第一歩なのです。
「まずは検診」、このことを忘れずにがん予防を考えましょう。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

がん治療法:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://chiryo.s-stars.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。